スポンサードリンク

FX トレード拒否病

FX 今回はトレード中毒ではなく

私がよくかかる「トレード拒否病」(苦笑)についての
話です。

FX 自滅パターンが続くと
チャートを見たくありません!

そんな時は無理してトレードをする必要はありません・・

本を読んだり
ブログの構想をねったり???

本業にいそしむとか・・・



体の中で、自然にFXの情報が整理されます。

本能的とでもいうのでしょうか?

勝ちパターン・負けパターンの仕組みが
整理されてくると

猛然と

FXがやりたくなってきます!

FX
を休む時間って必要ですし
それがあって

だんだんと
トレードが上手になるように
思います。

大切なのは

あせらないこと!

FXのすべてにいえるとことです。

あと

体調が悪い時は
FXトレードは休みたいですね・・


たった一回の判断ミスが
命取りに

それが
FXというものです!!

そう納得して
FXを休むことができるようになるまで


そう・・・






一年以上かかりました

みなさんはどんな感じですか?




読み返すたびに新たな発見、気づき!
本物の投資指南書。
↓   ↓   ↓
マーケットの魔術師 エッセンシャル版 -
マーケットの魔術師 エッセンシャル版 -
posted by FXの悩み at 18:13 | Comment(0) | FXトレード病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX ローソク足バンドウォークはいつ反転?

FX RSIやスローストキャストスのオシレーター系指標で

売られ過ぎ・買われ過ぎゾーンに入り
ローソク足はボリンジャーバンドにへばりつき状態

このトレンドはいつ反転するのでしょうか?
 
逆張りでの負けパターンに陥らない判断の仕方は?

悩みの種です!よね〜〜

何度負けたことか(苦笑)


例えば

一時間足が数本、陽線の時は
短いローソク足(5分・10分)は
かなり、上昇トレンドが続いています。
(ここ!大切です)

一時間足がボリンジャーバンドを突き抜けていて
ひげを作っている時

短い足のRSIやスロストが
買われ過ぎゾーンにあると
反転する場合が多々あります(5分足、10分足)

ローソク足は90%以上
ボリンジャーバンド内で動くというのが
根拠です。(100%ではないのです←ここ大事)

逆張りの狙い目ですね・・

このあたりを研究すると
勝率が上がります!

但し
ポジションの長期保有は危険です。
欲張らずに手短に決済しましょう!


自分の目でよく確かめて
総合的に判断できるようにならないと
難しい
です。

過去のチャートを見て検証するより

デモトレードなどリアルタイムで何度も
研究することをお勧めします!

ひとつの売買サインだけ見ていて
FXで勝ち続けるのは至難の技ですから・・

一時間足はいつ反転するのか?

ボリンジャーバンドが横向きになってきたら!


反対のボリンジャーバンド(上昇中ならローバンド)が
内側に向いてきたら
反転の兆しです。

参考になりますかどうか・・・


チャートの設定で
ローソク足の横幅を広くすると
チャート全体が穏やかな動きになり

トレンドなのかレンジ相場なのか
分かりにくくなることも・・・

FXを始めた頃は
こんなことでも悩みましたよ・・(笑)

いずれにせよ

各時間足がトレンド相場なのか
レンジ相場なのか?

また、トレンド相場とレンジ相場の
特徴を把握することが大切ですね。


読み返すたびに新たな発見、気づき!
本物の投資指南書。
↓   ↓   ↓
マーケットの魔術師 エッセンシャル版 -
マーケットの魔術師 エッセンシャル版 -
posted by FXの悩み at 17:11 | Comment(0) | Fxチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。